「悪プラー」に立ち向かうオク・ジュヒョンさん!

こんにちは、ムチモッチーです。☺

今回は長年韓国社会で問題になっている「悪プラー」について、オク・ジュヒョンさんの事例と共に書いて行こうと思います。

-

1.「悪プラー」とは?

2.最近の韓国社会における「悪プラー」対処法

3.オク・ジュヒョンさんてどんな人?

4.オク・ジュヒョンさんの「悪プラー」対処法

-

1.「悪プラー」とは?

韓国では、以前にも増してインターネット上の記事やSNSなどに悪質なコメントを書いて人を傷つけたり、根拠のないルーモアを作って人を追い込んだりする「悪プラー」問題が社会的に大きな悩みの種となっています。

悪質コメント→"악플/悪プル"※悪質リプライから生まれた言葉

悪プルを書く人→"악플러/悪プラー"

この悪プルや悪プラーが増えてしまった原因は、自分の実名で投稿しなくても良いので、好き勝手に書けるというところからなのですが、一番大きな問題は、悪プラーの年齢がまだ自分で責任の取れない未成年が多いということです。

韓国では小学生からパソコンの勉強をするので、小さいころから自分のパソコンを持っているのが当たり前の時代になり、オンラインゲーム産業も盛んなので、小学生の希望する職業の中にプロゲーマーが入っているほどです。

そんな日常にパソコンのある生活をしている若者達は、「面白いから」「みんながやっているから」という理由で安易に悪プルを書き、人を傷つけているということが分からなくなっているようです。

-

2.最近の韓国社会における「悪プラー」対処法

以前は芸能人達もいちいち相手にするのがめんどくさかったので、そのまま放っておいたり許したりしていましたが、ソルリさんやク・ハラさんが相次いで亡くなったこともあり、厳格に告訴することを表明することが多くなりました。

また最近になって、NAVER、DAUM、NATEなど各ポータルサイトにおいても芸能記事のコメント欄をなくしました。

これについて、“もっと早くなくしていれば救える命も多かったのではないか”と遅い対応にもどかしさを感じている人々がいる反面、“コメント文化が根付いていた分、意思疎通の場がなくなり悲しい"といった意見も出ています。

-

3.オク・ジュヒョンさんてどんな人?

1998年にデビューした4人組アイドル歌手「FIN.K.L/ピンクル」のメンバーで、メインボーカルを担当しています。素晴らしい歌唱力とカリスマで絶大な人気を誇っていましたが、2002年あたりからそれぞれ個人活動に専念し始め、オク・ジュヒョンさんもソロ活動やラジオDJとして活躍しました。中でもヨガダイエットビデオの発売は大ヒットし、ダイエットといえばオク・ジュヒョンという代名詞がつくほどでした!

歌手時代からミュージカルに挑戦してみたいと言っていた彼女は、2005年にミュージカル「アイダ」で主人公としてデビューしますが、当時アイドルがミュージカル界に足を踏み入れるのが初めてだったので、アイドルという先入観がつきまとい、彼女を苦しめます。

しかし、稽古場に誰よりも早く来て練習したり、毎回作品を通して大きく成長していく姿を見て、ミュージカル仲間はもちろん観客も彼女を認めていきました。

また、2012年にはミュージカル「エリザベス」で主人公エリザベスを好演、2013年にはミュージカル「レベッカ」で初の悪役デンバス婦人を好演し、数々の賞を獲得しました!

現在では韓国ミュージカル界において確固たる地位を築いています。

-

4.オク・ジュヒョンさんの「悪プラー」対処法

現在「ファントムシンガー3」の審査員をしているオク・ジュヒョンさんですが、実力者であるク・ボンスという声楽家が脱落したことにより、ある悪プラーからSNSで悪質なメッセージを受け取りました。

彼女は審査員のうちの一人であり、誰を落とすといった権力がないことを知りながらもうっぷん晴らしのように悪質なメッセージを送り付けた悪プラーですが、彼女が直接怒りのメッセージを送ったことで態度が激変します。

そのやり取りがこちら↓↓

(悪プラーがどんな悪質メッセージを送ったのかは分かっていません。)

オク・ジュヒョンさん↓

“誰に向かって偉そうな口を叩いているの!私にどんな力があるっていうのおチビちゃん。あなたの人生を生きなさい。バカみたいに時間を無駄にしないで。あなたは人格否定はもちろん、他にもあなたと警察で会う理由はあなたが送ってきたメッセージの中に十分ある。矢を放つ時は帰ってくる矢も考えなければいけないけど、あなたがまだ若いからと言って何も考えていないとは思えない。あなたが礼儀とは程遠い行動をしたから私はこれを全て申告し、もしあなたが海外にいて来られないならあなたの両親を来させるわ。"

悪プラー↓

“ク・ボンスが脱落した時残念で送ってしまいました。すみません。オク・ジュヒョンさんのミュージカルもたくさん見に行ったり好きだったのに…すみません。

オク・ジュヒョンさんが落としたとはおもっていません。悪口を言ってしまいすみません。ファントムシンガーがすごく好きなので間違った考えをしてしまいました。

本当に心の底から丁重に謝罪申し上げます。これからもずっとオク・ジュヒョンさんを応援します。すみませんでした。”

オク・ジュヒョンさん↓

誤れば済むという話ではない。あなたは深く考えずに個人の感情として言葉を発するかもしれない。でも芸能人たちは当たり前のように攻撃されても良いと思っているこの変な心理を持つ人間達を、私たちのような職業をもつ人々がただ何事もなかったかのようにやり過ごさなければいけないという法もない。価値のない攻撃が多いから普通はめんどくさくてそのままにすることが大半だ。でも私は違う。私は一度噛んだら離さないジョーズのような人間だ。絶対に許さない!"

というやり取りでした。

この会話で相手をおチビちゃんと言っているので、悪プラーがまだ若いということと、深く考えずただ怒りの感情にまかせてメッセージを送ったことが分かります。

今回のオク・ジュヒョンさんの対応が世論から評価されている理由は、悪プラーに直接厳格に処理するとメッセージを送ったことと、そのやり取りを公開したことです。

他の芸能人は悪プラーを告訴するというニュースが出るだけですが、オク・ジュヒョンさんの場合は直接説教をした上で内容まで公開しているので、実名こそでていないものの悪プラー自身もダメージが大きいと思います。

SNS上でも相手がコメントをできないように設定できるものが増えてきているので、今後芸能人とファンの意思疎通がどのように変わっていくのか気になるところです。

以上、努力家で芯の強いオク・ジュヒョンさんに再度心惹かれ、悪プラーの実態を今一度顧みることができた出来事でした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

  • Post by 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Jul 01, 2020
LATEST POST
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 16, 2020
知育初歩ママの手作り遊び 2弾
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 13, 2020
原因不明の病気、もしかしてあれが原因?!
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Aug 15, 2020
すごく楽なベランダプールの水入れ・水処理方法!
TAG
CATEGORIES