離乳食を食べない時の対策は?

こんにちは、ムチモッチーです。☺

“離乳食疲れ"という言葉があるように、どんどん成長する我が子に栄養のあるものを食べさせなきゃ!と肩に力が入ってしまいがちですが、「余裕」を持って笑顔でご飯をあげることが一番だと私は思っています。

今回は娘が離乳食を食べなかった時に私がしたことを簡単にまとめてみました⭐

娘は初期・中期と順調だったのですが、後期あたりから口に入れるとべーっと出してしまい、あまり食べてくれませんでした。材料の大きさを変えたり味を変えてみたりしても食べてくれない時があったので、その時は私もイライラしてしまい、いつの間にか食事の時間に笑顔が消えていることに気づいたんです。

そこから下の3か条を常に意識していました!

1.作らない

まずはここです!食べないのにこれなら食べるかも!と作り続けてしまいがちですが、<一生懸命作った→食べない>が続くとどうしてもイライラしてきてしまってため息の連続。

娘が食べてくれるまで簡単なもの以外作りませんでした!(笑)

-

2.売っているものを買う

もう有難くて拝みたいくらいの商品達!!

“作らない"ということは、もちろん市販品を購入して娘が食べてくれるものを探しました。

月齢の低いものから試してみて、少しずつ娘の月齢に近づけていきます。

なんと、食べるんですよこれが。(笑)

この市販のものを試してみて気づいたのは、私が作るものより味が濃かったこと、野菜やお肉がとても柔らかかったことです。

その後は市販の商品に真似て作り始めたのですが、見事に食べてくれるようになりました!

-

このパルシステムのうらごし野菜も初期から今までずっとお世話になっています!豆乳や牛乳にいれてスープにするととてもおいしいですし、かぼちゃやジャガイモは即席でサラダにもできます!

簡単に作れるけど栄養があるものが一番ですよね!!

-

3.それでも食べない時は食べるものをあげる

遊びに夢中で何をあげても食べない時もありましたが、そういう時は娘の好きなもので誘導していました!

その結果、1日中ふりかけおにぎりの日もあれば、1日中味噌汁とご飯の日も。

前に栄養士さんが「離乳食はその月齢に合う固さ・大きさを噛んで飲み込む、味や食感を覚えてもらう、食事の時間のリズムを整えるという目的なので、毎食"エネルギー源+タンパク質+ミネラル"という決まりに縛られなくても大丈夫!」って言ってたし!なんて自分に呪文をかけてみたり。(笑)

娘は現在1歳を過ぎましたが、野菜・肉・魚きちんと食べるようになったので、結果オーライかなと思っています。

その子その子でぺースがあるだけなんですよね!

子供も大人も食事の時間が嫌になるのだけは避けたいところです。

-

以上、簡単ですが離乳食を食べない時の対策をご紹介しました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

  • Post by 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Mar 25, 2020
LATEST POST
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 16, 2020
知育初歩ママの手作り遊び 2弾
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 13, 2020
原因不明の病気、もしかしてあれが原因?!
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Aug 15, 2020
すごく楽なベランダプールの水入れ・水処理方法!
TAG
CATEGORIES