日本にある韓国系企業に就職したい人へ

こんにちは、ムチモッチーです。☺

韓国への興味から韓国語を勉強する人が増えている最近ですが、言語を勉強すればするほどその能力を生かしたいと誰もが思うところですよね!

今回は私の経験をもとに「日本にある韓国系企業」のあるあるを書いていこうと思います。

-

まずキーポイントになるのは"日本にある"というところです。

日本にあれば韓国系企業でも日本人の職員もいますし、お偉いさんの中にも日本人がいたりします。

そもそも日本人の仕事の仕方と韓国人の仕事の仕方では全く違うんです。

日本人はマニュアルに沿って間違いのないよう順々に進めていき、基本は受け身で"ほうれんそう"(報告、連絡、相談)を重要視する仕事の仕方。完成度は高いですが、時間がかかるのが難点です。

一方、韓国人の仕事の仕方は積極的に意見を出しながら目の前にある問題からスピーディーに解決していく仕事の仕方。そのため作業は早いですが、完成しても一つ二つと問題が出てくるのが難点です。

「時間がかかっても完成度の高さを求める日本」と「完成度は高くないけど早さを求める韓国」。

仕事の仕方が全く違う人たちが一緒に仕事をするとどのようなことが生じるでしょうか。

●国の違う上司の仕事の仕方についていけない

日本人の上司のもとで韓国人が仕事をすると、手足を縛られているような感覚でもどかしさを感じ、韓国人の上司のもとで日本人が仕事をするとスピードの速さとぐちゃぐちゃな順番についていけません。

●意見のくいちがいで会議が進まない

前に話した通り、時間がかかっても完成度の高さを求める日本と完成度は高くないけど早さを求める韓国。

これじゃ会議も進みません。(笑)

結果、「会社がまとまっていない。」

そうなんです!まとまりがない。(笑)

もちろん切磋琢磨しながらお互いを尊重できる会社もあると思いますが、残念ながら私が勤めたいくつかの会社はぐちゃぐちゃでした。(笑)

どうせなら日本人も少なく、日本人のお偉いさんがいない韓国系企業を探した方が良いと思います。

さて、どちらにせよ、韓国系企業で仕事がしたいなら絶対に持っていなければいけない2つがこれです!

1.自分の意見を論理的に話せるくらいのビジネスレベルの韓国語

募集要項に言語の条件がどのように書いてあっても、結局は日本人であるあなたが韓国人と同じように扱ってもらえることであなたの価値が上がり、任せてもらえる仕事も増えます。

2.積極性と柔軟性

受け身の姿勢でいてはこのせわしなくも活気のある仕事環境に適応できません。韓国人はマニュアルをあまり作らないので、先輩の仕事の仕方をよく観察して積極的に学ぶ姿勢が重要になってきます。

また、スピード重視の韓国社会ではどのような状況でも対応できる柔軟性がより必要です。

-

以上、全くの主観で書いてしまいましたが、いざ入社したけどちょっと違ったと思う前にこういうこともあるよ!ということを私なりに伝えたかったのでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♡

  • Post by 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • May 13, 2020
LATEST POST
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 16, 2020
知育初歩ママの手作り遊び 2弾
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Sep 13, 2020
原因不明の病気、もしかしてあれが原因?!
  • Post By 日常と韓国を語るママ、ムチモッチー
  • Aug 15, 2020
すごく楽なベランダプールの水入れ・水処理方法!
TAG
CATEGORIES